日向で加護ちゃん

エクスレンダーってどうなの?口コミや効果を徹底検証!
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です