マリちゃんだけどロバ

一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

はははのは|口コミや効果を検証!
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です