原とかーくん

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
雲のやすらぎプレミアムってよく売れているみたいですね?

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。

一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です