朝日がレッドファントムテトラ

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
白井田七で健康効果?白井田七の効果は本当か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です