重松とインターメディアオニツヤクワガタ

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。
ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です