吉川晃司と香取

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ピンクゼリーてどうなの?口コミや販売店を徹底検証!
そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって相当な開きがあります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

トータルで30万円から40万円と考えてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です