奈々様だけど根本く~ん

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

ボディセンスって凄く効くの?効果と口コミを徹底解析!
それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です