藍シュブンキンだけどワッチ

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。
はははのは|口コミや効果を検証!

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です