奥田のオーストラリアン・ケルピー

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

ノアンデってワキガに効くって評判ですね!ノアンデを購入前にチェック!
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です