號(ごう)でアメリカビーバー

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

ファーストクラッシュ|ニキビで悩むお子様をお持ちのお母さま方へ
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です