ちなみんで長澤

インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
薬用ポリピュアEXっていいね!

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です