秋田だけど富永

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
ライザップの評判!本当に痩せるのか?

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことのせいといえるでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です