柴山のデイビス

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
ペニブースト(プレミアム)って凄いの!口コミや効果は本当か?

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です