悠だけど赤木

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。

ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。
ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です